Ripple(リップル) SWELL2018 仮想通貨 暗号通貨

Ripple(リップル)の 「RippleNet(リップルネット)」「xVia(エックスヴィア)」「xRapid(エックスラビット)」「xCurrent(エックスカレント)」って何?

投稿日:2018年9月28日 更新日:

Ripple(リップル)の 「RippleNet(リップルネット)」「xVia(エックスヴィア)」「xRapid(エックスラビット)」「xCurrent(エックスカレント)」って何?

最近、SWELL2018も近づいており更に注目度も上がっているXRP(リップル)。

更にXRP(リップル)について好材料も色々出始めております。

米金融大手PNCがリップルネットに加入したり、SBI Ripple Asiaの電子決済等代行業者としての登録完了や、2019年始めにはNASDAQ(ナスダック)上場も囁かれています。

 

【COINTELEGRAPH】

米金融大手PNCがリップルネットに加入、クロスボーダー決済の高速化に期待

SBIリップルアジア、電子決済等代行業者の登録完了

ナスダック 仮想通貨リップルの上場を検討か =ICOジャーナル

 

そして最近XRPが高騰したの理由の一つに、リップル社製品の一つである「xRapid(エックスラビット)」の存在が考えられます。

 

リップル社のアジア太平洋地域、中東地域の規制関係担当の代表Sagar Sarbhai氏は、CNBCのインタビューで「約1ヶ月後のxRapid商業使用開始に向けギアを上げている」という旨の発言があり世間の注目を集めました。

 

今回はRipple(リップル)の 「RippleNet(リップルネット)」を始め、「xRapid(エックスラビット)」「xVia(エックスヴィア)」「xCurrent(エックスカレント)」について初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

RippleとXRPの違い

まずリップルには「Ripple」と「XRP」があります。

読み方は同じですが「Ripple」は送金手段「XRP」は通貨と通貨を繋ぐブリッジ通貨ということで理解していただければ良いかと思います。

詳しくは関連記事に書いてありますので、読んでくださいね。

【関連記事】
【仮想通貨】リップル(XRP)とは?リップル(XRP)の特徴と将来性・今後の価格はどうなるか?どこよりもわかりやすく解説!

 

そしてまず「xRapid(エックスラビット)」を理解する前にRippleの送金で使う「RippleNet(リップルネット)」についてお話しますね。

スポンサーリンク

 

RippleNet(リップルネット)とは

RippleNet(リップルネット)とはRipple社の提供する国際送金の法人向けのネットワークシステムのことです。

 

今まで国際間での取引はいくつかの銀行を挟むために、数日かかっていました。

しかしRippleNet(リップルネット)を利用すれば、瞬時に世界中のネットワークに接続ができ、送金銀行と受け取り銀行の直接取引が可能になるのです。

さらに着金のスピードも早く、国際送金の効率化やコストを抑えることができるので世界の銀行から注目を浴びているのです。

 

そして、このRippleNet(リップルネット)を構成しているものが
①xVia(エックスヴィア)
②xRapid(エックスラビット)
③xCurrent(エックスカレント)
の3つのシステムです。

 

ではそのRippleNet(リップルネット)を構成している3つのシステムはどんなものなのかを一つ一つ解説していきましょう。

スポンサーリンク

 

①xVia(エックスヴィア)とは

xVia(エックスヴィア)とは、利用者が確実性のある国際送金を可能にするためのプロダクトのことです。

 

xVia(エックスヴィア)により利用者が手軽にRippleNet(リップルネット)に参加でき、そのRippleNet(リップルネット)と繋がっている銀行や送金業者を通じての国際送金をすることが可能になります。

そして請求書を添付したり、リアルタイムで送金状況を確認(追跡)することができるようになります。

スポンサーリンク

 

②xCurrent(エックスカレント)とは

xCurrent(エックスカレント)とは即時に国際決済内容の確認着金の確認取引に必要な情報の添付ができ、国際送金や銀行間送金の送金スピードを速めるために銀行が導入するためのソフトウェアです。

 

このxCurrent(エックスカレント)のソフトウェアを使用することによって、銀行やその他財政機関は送金のすべての進歩情報が可視化できるようになるので、実際に見ることができるようになります。

スポンサーリンク

 

③xRapid(エックスラビット)とは

xRapid(エックスラビット)とは、xCurrent(エックスカレント)上でXRPをブリッジ通貨として、法定通貨や金融資産などを変換する主に送金業者に向けたシステムのことです。

 

XRP Ledgerを使用したXRPによってリアルタイムで送金を実現することができます。そして、XRPを利用することで流動性を配給し送金コストを抑えることができるのです。

実際に今年5月、米国⇔メキシコ間で試験送金を行った結果、取引コストがこれまでより40~70%下がったとされる。さらに取引スピードも「2分強」で完了しました。

従来の国際送金が平均3~5日間かかることから比べると画期的ですよね。

スポンサーリンク

 

XRPを利用するケースは2種類

XRPを利用するケースは2つあります。

どのような送金方法か、例を出して解説します。

 

ケース①xCurrent(エックスカレント)を使った国際送金

直接XRPを保有し、店頭取引の形式で送金を行う方法です。

(例)
①J銀行がX銀行へ日本円を入金
②X銀行にて日本円を保有しているXRPへ両替
③海外Y取引所へXRP送金

④海外Y取引所にてXRPを両替し自国の通貨へ
⑤海外Y取引所がA銀行に送金し出金

この場合、銀行がXRPを常時保有しなければならない為、銀行はXRPを購入します。
しかし市場にて購入するのではなく、市場外での両替の為、XRPの価格に直接影響はありません

 

ケース②xRapid(エックスラビット) +xCurrent(エックスカレント)を使った国際送金

XRPを直接保有することなく「xRapid(エックスラビット)」を利用し流動性プロバイダー経由でXRPを調達する方法です。

(例)
①J銀行が送金業者orX銀行へ日本円を入金
(xRapid)
②送金業者orX銀行がY取引所に日本円を入金
(xCurrent)
③Y取引所が日本円を売却しXRPを購入
(xCurrent)
③送金業者orX銀行がY取引業者に対し海外Z取引所にXRPを送金するよう指示。
(xCurrent)
④海外Z取引所が送金業者orX銀行にXRPを送金
(xCurrent)
⑤海外Z取引所が受け取ったXRPを売却し自国の通貨へ
(xRapid)
⑥送金業者orX銀行がA銀行へ送金し出金

つまりケース②では銀行はXRPは保有しませんが、xRapid(エックスラビット) +xCurrent(エックスカレント)を導入する金融機関や送金業者が増えれば、出来高が増え市場の流動性が上がるということです。

スポンサーリンク

 

最後に

いかがでしたか?


現在、RippleNet(リップルネット)に世界中の様々な銀行や金融機関が参加してきております。

世界中の銀行や金融機関がRipple社のシステムを取り入れ、国際送金のスピードや利便性が上がれば銀行や企業にとってとても便利になります。

10月1日、2日とSWELL2018もあるので、今後のリップルに注目ですね。

 

あわせて読みたい記事

Ripple(リップル) 社の重要イベントSWELL2018開催!10月1日と2日は乱高下に注意!

 

注目記事

【仮想通貨投資】ビットコインのマイニング投資とは?最新版

【知らなきゃ損する】ビットコインをタダでもらう方法!ネットショッピングを利用するならポイントサイトを経由せよ!お小遣いサイトのお得な活用法。

【仮想通貨投資の危険性は?】失敗から学んだ仮想通貨投資を始めるなら知っておきたいリスクと対処法をご紹介!

【仮想通貨トレード】レバレッジ200倍!Crypto GT(クリプトジーティー)の新規登録方法と使い方!MT5の連携方法!

 

スポンサーリンク

 


【このブログを書いてる人】


JAPAN BIT CONSULTING
神村進介

HP:JAPAN BIT CONSULTING

金融業界での知識やFXの経験を生かし、2017年2月から仮想通貨の投資を行っています。
初心者にも分かりやすい説明を心がけて、少人数での勉強会や企業様での講義なども開催しております。
ビットコインを使った投資のコンサルや勉強会、企業様での講演会などご希望の方はLINE@、またはJAPAN BIT CONSULTINGのホームページのメールからお問い合わせください。

最新情報はLINE@で配信中。

 

おすすめ仮想通貨取引所

 

BIT POINT

BITPOINTビットコインを購入するならBIT POINT(ビットポイント)

 

GMOコイン

GMOインターネットグループ(東証一部上場)

 

Bit Trade

めんどうな手続き不要
ビットコインを今すぐ始めよう


 

QUOINEX

ビットコインアジア最大級の仮想通貨取引所。QUOINEX

 

BINANCE

【記事】BINANCE(バイナンス)のメリットとデメリット登録方法から使い方までを解説!(画像付き)

 

BitMEX

レバレッジ最大100倍!追証なし!

 

Crypto GT

レバレッジ最大200倍!追証なし!仮想通貨価格予測情報が見れる!【記事】Crypto GT登録操作方法


 
 
 
仮想通貨を安心安全に保管
 
 
あなたの資産を守るなら

Ledger Nano Sビットコイン(Bitocoin)ライトコイン(Litecoin)イーサリウム(Ethereum)イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)リップル(Ripple)を始め、 数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。

【関連記事】仮想通貨を安心安全に守るならハードウェアウォレットがおすすめ!

 
 
ビットコインのマイニング

 

仮想通貨マイニング記事

【仮想通貨投資】ビットコインのマイニング投資とは?最新版

 

仮想通貨マイニング登録方法

Bitclub Network
新規登録方法(画像手順付き)最新版
 

 

 
仮想通貨(暗号通貨)の確定申告
 
 
 
 
自動で資産運用するなら
 
 
WealthNavi(ウェルスナビ)

今話題のロボアドバイザーで資産運用
10万円から始められる「WealthNavi」

 
THEO(テオ)

少額から始められる「THEO(テオ)」 

-Ripple(リップル), SWELL2018, 仮想通貨, 暗号通貨
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

【仮想通貨】ビットコイン(Bitcoin)の歴史をわかりやすく解説!!今後の暗号通貨市場はどうなる?

目次0.1 【仮想通貨】ビットコイン(Bitcoin)の歴史をわかりやすく解説!!今後の暗号通貨市場はどうなる?0.1.1 ビットコインの歴史はここから始まった「サトシ・ナカモトの論文」0.1.2 P …

大手メディアも注目!日本発のNAMコインとは?【医療系ICO】

目次1 大手メディアも注目!日本発のNAMコインとは?【医療系ICO】1.1 NAMコインとは?2 【NAMの情報】3 【NAM概要】4 【ロードマップ】4.1 【開発メンバー】5 【NAMトークンの …

ビットコインの下落の原因には不正アクセスだけではなかった!下落時に大きく利益を出す方法2選!

目次1 ビットコインの下落の原因には不正アクセスだけではなかった!下落時に大きく利益を出す方法2選!2 下落時に大きく利益を出す方法!2.1 下落時に大きく利益を出す方法 その12.2 下落時に大きく …

ガチホするなら取引所は危険!仮想通貨を守るならハードウェアウォレット「Ledger Nano S」がおすすめ!

目次1 ガチホするなら取引所は危険!仮想通貨を守るならハードウェアウォレット「Ledger Nano S」がおすすめ!1.1 こんな方は要注意!!1.2 Ledger Nano Sの購入方法や使い方1 …

2017年11月ビットコイン分裂騒動!?ビットコインに何が起きるのか?

2017年11月ビットコイン分裂騒動!?ビットコインに何が起きるのか? 2017年11月…ビットコインが今月中にも分裂の可能性があると色々な所で騒がれています。   このビットコインの分裂に …