Ripple(リップル) 仮想通貨 仮想通貨取引所 暗号通貨

【仮想通貨】リップル(XRP)とは?リップル(XRP)の特徴と将来性・今後の価格はどうなるか?どこよりもわかりやすく解説!

投稿日:2018年3月5日 更新日:

【仮想通貨】リップル(XRP)とは?リップル(XRP)の特徴と将来性・今後の価格はどうなるか?どこよりもわかりやすく解説!

2017年の年末にリップル(XRP)は大きな上昇を見せ大きな注目をみせ、現在でも仮想通貨の時価総額も上位にあるリップル(XRP)。

 

日本にはリップル(XRP)好きな仮想通貨投資家が多く、人気が高い仮想通貨の一つです。

仮想通貨はビットコインだけではなく、ビットコイン以外のアルトコインにもそれぞれ色々な特色があります。

 

ただ値段が安く今後伸びそうだからと購入するのも一つですが、やはり投資ということを考えたら投資をする対象の魅力を知って買うとやはり愛着も湧きますからね。

今回は仮想通貨初心者の方にどこよりも分かりやすく、リップル(XRP)の特徴ビットコイン(BTC)との違い、なぜリップル(XRP)の価格は上がるのか?そしてリップル(XRP)の将来性をご紹介いたしますね。

 

スポンサーリンク

 

Ripple(リップル)の概要と特徴

通貨名Ripple(リップル)
公開2013年
通貨単位XRP
通貨上限1,000億枚
コンセンサスアルゴリズムPoW
取引承認時間4秒
公式サイトhttps://ripple.com/solutions/

【リップル(XRP)の現在の時価総額】

リップル(XRP)の特徴

①送金スピードの速さ
 
リップル(XRP)はビットコイン(BTC)よりも1,000倍以上高速
 
リップル(XRP)は取引3.2秒で完了するが、ビットコイン(BTC)はランダムで凄く早い場合もあるが、送金詰まりで凄く遅い場合があります。
 
ブロックチェーン上に構成されたリップルネットワークにより、国際間の決済を可能にする最も早く拡張性のあるデジタル資産として広く認知されています。
 
 
 
②コストの低さ
 
リップル(XRP)では日本円約1円の10分の1程度の送金手数料
 
ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)では数百円か数千円程度になります。
 
 
 
③法人用途に適した唯一のデジタルアセット
 
高い質のデータのやり取りや、高い質の決済処理がより早く安く実行できるので、ネットワーク上の仮想通貨やフィアット(法定紙幣、つまり円やドル)を繋ぐブリッジ通貨の役割を持ち、将来の銀行送金技術を担う可能性を秘めている通貨です。

 

そして、世界的大手IT会社Googleの子会社が出資していることでも知られています。

 

スポンサーリンク

 

 

リップル(XRP)とビットコイン(BTC)との違いは?

リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の大きな違いをまとめてみました。

仮想通貨リップル(XRP)ビットコイン(BTC)
中央機関Ripple Incなし
コンセンサスアルゴリズムPoCPoW
取引承認時間約4秒約10分
開発目的送金システム決済システム

①ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の管理体制の違い

ビットコイン(BTC)の特徴は管理者が存在しない「非中央集権」が特徴ですが、リップル(XRP)は管理をする中央集権の機関Ripple社がいます。

管理者がいるということは、それだけネットワークが安定しているということに繋がり、取引や何か問題が起きたとしてもRipple社の主導のもとで行われます。

 

②コンセンサスアルゴリズムの違い

ビットコイン(BTC)は、「Proof-of-Work」(プルーフ・オブ・ワーク)略してPoWと呼ばれるアルゴリズムを使っています。

「Proof-of-Work」(プルーフ・オブ・ワーク)は直訳すると「仕事の証明」です。

ビットコインはブロックチェーン(台帳)に記載する為に、不特定多数のビットコインネットワーク参加者で分散して取引データを管理しています。

ブロックチェーンの特徴としては、取引データをまとめたブロックを鎖(チェーン)で繋いでいるので改ざんが極めて困難です。

 

「Proof-of-Work」(プルーフ・オブ・ワーク)の流れ

①取引データをまとめたブロックを生成
②ブロックチェーンへの追加権利をかけて、コンピュータを使って計算問題を解く。
③一番早く計算をしたコンピューターは、導き出した答えを他の参加者に報告。
④ほかの参加者が、正否を判断。
⑤正解なら、そのコンピューターが生成したブロックをブロックチェーン(台帳)に追加し報酬として新規ビットコインがもらえる。

 

この計算問題を解き報酬を得る作業のことをマイニングと言います。

マイニング作業には時間(10分〜)がかかったり、コンピューターのフルに使って計算する為電気代もかかります。

 

ビットコインマイニング

【仮想通貨投資】ビットコインのマイニング投資とは?最新版

 

リップル(XRP)はProof-of-Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサンス)略してPoCというアルゴリズムを使っています。

Proof-of-Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサンス)は直訳すると「合意による証明」です。

ビットコインが使っている「Proof-of-Work」(プルーフ・オブ・ワーク)の承認作業(マイニング)と違い、消費電力は少なく数秒で承認作業が終了します。

そしてビットコインはブロックチェーン(台帳)で管理していますが、XRP ledgerで管理しています。

 

「Proof-of-Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサンス)の流れ

①リップルで取引が行われる。
②取引は「台帳に記録される候補の取引(Canditate)」として、ネットワーク上の参加者に転送。
③伝搬された取引記録をRipple社が選択したvalidator(ヴァリデーター)と言われる承認者の80%がOKを出した際に「正しい取引」とみなされ、台帳に記録されます。

スポンサーリンク

 

 

リップル(XRP)の歴史

2012年
・Ryan Fuggerによって考案

2014年3月
・1XRP=0.61円

2015年
・世界フォーラムでテクノロジーパイオニア賞を受賞

2016年
みずほ銀行三井住友銀行ゆうちょ銀行りそな銀行を含む大手金融機関が2016年から続々とリップル(XRP)の採用を表明

2017年
・イギリスの中央銀行が、全世界の即時グロス決済(資金移動システムにおける決済処理方式の一種)を目指すFinTech Accelerator実験に、リップル(XRP)の参加を決定。
三菱東京UFJ銀行がリップル(XRP)と提携海外送金を18年から開始。
・内外為替一元化コンソーシアムにて国内銀行がRippleの次世代決済基盤をクラウドに実装することを表明したことに加え、今回から三菱東京UFJ銀行が参加。
・Ripple社が保有する550億XRPのロックアップ発表により一時50円台まで暴騰。
・大幅な調整が行われ、20円台まで下落。
SBIホールディングスが仮想通貨の取引所やリップル(XRP)を使った国際送金、仮想通貨のマイニングに参入を発表
アメックスとXRPが提携を発表。

2018年

・リップル大暴騰で1XRP400円越えを記録。
・リップルがマネーグラムと提携。
・インド最大の取引所zebpayで上場。
・リップルが銀行や送金サービス業社5社と提携。
・Ripple社が送金アプリMoneyTap(マネータップ)を発表
・インド取引所KoinexでXRPが基準通貨に。
・リップルが新プロジェクト「Xpring」を発表。

・XRPの新シンボルに変更。
・韓国のサムスンがXRP決済を導入予定。
・リップルを基準通貨とした初の仮想通貨取引所DCEXのユーザー登録開始。

 

リップル(XRP)との提携先企業

 

スポンサーリンク

 

リップルの価格は上がるのか?

結論から言うと、銀行がRippleの仕組みを使い国際送金する以上XRPを使わざるおえないのです。今後世界の銀行がRippleを使い流動性が向上し、需要が伸びればXRPの価格が上がります。

ではなぜRippleの仕組みを使うのにXRPが必要なのか?まずはそこを理解せねばなりません。

 

「Ripple」と「XRP」の違いを知る

まずRipple(リップル)XRP(リップル)は読み方は同じですが、種類が違います。

Rippleというのは「IOUとXRPを使った送金の仕組み」のことで、XRPは「ブリッジ通貨」のことです。


IOUとは「I owe you」の略称であり、第3者が発行する手形(預かり証)のことでRippleネットワーク内で「誰もが円やドルの代わりに発行できるもの」です。

 

例えば、A銀行が独自の通貨をIOUで発行し、A銀行ポイントを100P=100円で換金するよ!というサービスがあれば、A銀行の支店で換金できますよね?

しかし、日本にしかないA銀行が独自に発行したIOUは海外のB銀行で換金しようとしても換金できません。

理由は銀行間の提携もしてもいないし、信用がないのでA銀行ポイントの100Pは海外のB銀行では100円の価値がないのです。

海外の銀行も同じように、自分のB銀行で発行しているB銀行ポイント100ポイント=100ドルのIOUを発行していても、日本の銀行と提携していなければ日本円に換金できませんよね。

つまり、このA銀行とB銀行の「お金の価値を繋ぐ」ために送金手段としてRippleを使い、世界で同じ価値があるXRPを通して自国の通貨に換金するのです。

「Rippleネットワーク内」
円→A銀行IOU→XRP→B銀行IOU→ドル
ドル→B銀行IOU→XRP→A銀行IOU→円

なので国際送金をスムーズにしたい場合、Rippleのサービスを使えば使うほどXRPを通す為、流動性が高まります。

 

さらに今後このRippleのサービスが世界で当たり前に使えるようになれば、送金する際「円→A銀行IOU→XRP→B銀行IOU→ドル」とわざわざ銀行に円を預けてIOU→XRP→IOUを通すより、はじめからXRPを保持した方が便利になります。


スポンサーリンク

 

リップル(XRP)の今後の価格はどうなる?

今後、世界の銀行がRippleの仕組みを使い国際間で使われるようになり、XRPの需要が高まれば、リップルの価格は必然的に上がるのではないでしょうか?

 

世界の大手銀行の提携もニュースで流れてきています。

先ほども書きましたが、「円→A銀行IOU→XRP→B銀行IOU→ドル」とIOUを通すよりも、自身でXRPを保有した方が良いですよね?

つまり世界の銀行や企業が提携していけばいくほど、銀行や企業もXRPを購入してくるので価格も上がってくるでしょう。

 

しかし、今すぐに価格が急騰する可能性は低いですが、少しずつ価格が上がり数年後にはかなり期待ができる通貨になりそうですね。

 

ちなみにリップル(XRP)を取引できる日本国内の仮想通貨取引所は2018年9月現在、QUOINEX(コインエクスチェンジ)ビットポイント(BITPOINT)、ビットバンク(bitbank.cc)の3つになります。

QUOINEX

ビットコインアジア最大級の仮想通貨取引所。QUOINEX

 

BIT POINT

BITPOINTビットコインを購入するならBIT POINT(ビットポイント)

 

 

もしできるだけ手数料が安くリップル購入したいと言う人は、海外取引所で購入してみましょう。

 

日本国内よりも、海外の取引所の方が手数料が安くなっておりますし、登録も5分程度で簡単に完了でき日本語対応もしています。

この機会に海外の取引所BINANCE(バイナンス)に口座開設してみてはいかがでしょうか?

 

BINANCE

【記事】BINANCE(バイナンス)のメリットとデメリット登録方法から使い方までを解説!(画像付き)

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?
Ripple(リップル)の仕組みから、XRP(リップル)の今後の可能性をご理解いただけましたか?

仮想通貨で手堅く投資をしたいのであれば、XRP(リップル)も視野に入れてみてはいかがでしょう。

ただし投資は自己責任なので、よく考えて投資をしてくださいね。

あわせて読みたい記事

仮想通貨投資の危険性は?失敗から学んだ仮想通貨投資を始めるなら知っておきたいリスクと対処法をご紹介!

今は買い時?売り時?投資家心理を知ればビットコイン(仮想通貨)の買い時と売り時が見えてくる!

ビットコインはオワコン?バブルはもう来ないのか?

ビットコインをタダでもらう方法!ネットショッピングを利用するならポイントサイトを経由せよ!お小遣いサイトのお得な活用法。

 

 

スポンサーリンク

 


【このブログを書いてる人】


JAPAN BIT CONSULTING
神村進介

HP:JAPAN BIT CONSULTING

金融業界での知識やFXの経験を生かし、2017年2月から仮想通貨の投資を行っています。
初心者にも分かりやすい説明を心がけて、少人数での勉強会や企業様での講義なども開催しております。
ビットコインを使った投資のコンサルや勉強会、企業様での講演会などご希望の方はLINE@、またはJAPAN BIT CONSULTINGのホームページのメールからお問い合わせください。

最新情報はLINE@で配信中。

 

おすすめ仮想通貨取引所

 

QUOINEX

ビットコインアジア最大級の仮想通貨取引所。QUOINEX

 

BIT POINT

BITPOINTビットコインを購入するならBIT POINT(ビットポイント)

 

GMOコイン

GMOインターネットグループ(東証一部上場)

 

Bit Trade

めんどうな手続き不要
ビットコインを今すぐ始めよう


 

BINANCE

【記事】BINANCE(バイナンス)のメリットとデメリット登録方法から使い方までを解説!(画像付き)

 

BitMEX

レバレッジ最大100倍!追証なし!

 

Crypto GT

レバレッジ最大200倍!追証なし!仮想通貨価格予測情報が見れる!【記事】Crypto GT登録操作方法

 
 
 
仮想通貨を安心安全に保管
 
 
あなたの資産を守るなら

Ledger Nano Sビットコイン(Bitocoin)ライトコイン(Litecoin)イーサリウム(Ethereum)イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)リップル(Ripple)を始め、 数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。

【関連記事】仮想通貨を安心安全に守るならハードウェアウォレットがおすすめ!

 
 
ビットコインのマイニング

 

仮想通貨マイニング記事

【仮想通貨投資】ビットコインのマイニング投資とは?最新版

 

仮想通貨マイニング登録方法

Bitclub Network
新規登録方法(画像手順付き)最新版
 

 

 
初めての資産運用なら
 
 
WealthNavi(ウェルスナビ)

今話題のロボアドバイザーで資産運用
10万円から始められる「WealthNavi」

 
THEO(テオ)

少額から始められる「THEO(テオ)」 

-Ripple(リップル), 仮想通貨, 仮想通貨取引所, 暗号通貨
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

仮想通貨の確定申告・節税について知らなきゃ損する!確定申告・節税が簡単にできるコインタックス!

目次1 仮想通貨の確定申告・節税について知らなきゃ損する!確定申告・節税が簡単にできるコインタックス!1.1 そもそも確定申告って何?2 仮想通貨の確定申告・節税が簡単にできるコインタックス2.1 コ …

【仮想通貨】ビットコイン(Bitcoin)の歴史をわかりやすく解説!!

目次1 【仮想通貨】ビットコイン(Bitcoin)の歴史をわかりやすく解説!!2 ビットコインの歴史はここから始まった2.1 サトシ・ナカモトの論文2.2 P2Pとは…2.3 ブロックチェーンとは…2 …

2018年3月第1週目 気になる仮想通貨ニュース!

目次1 2018年3月第1週目 気になる仮想通貨ニュース!2 気になる仮想通貨国内ニュース!2.1 【GMOがマイニング収益を発表】2.2 【刃物見せビットコインを脅迫、強盗未遂で清掃会社社長が逮捕】 …

仮想通貨の勉強におすすめの本5選!!

目次1 仮想通貨の勉強におすすめの本5選!!1.1 億り人ハイパーニートポインの仮想通貨1年生の教科書1.2 お金2.01.3 いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン1.4 ブロックチェーン …

ビットコイン分裂ラッシュ!ハードフォーク祭り!2017年12月〜2018年1月

目次1 ビットコインハードフォーク祭り!分裂ラッシュ!2017年12月〜2018年1月1.1 Bitcoin Silver(不明)1.2 Bitcoin Platinumは韓国の高校生の詐欺と判明しま …