Monacoin(モナコイン) 暗号通貨

【仮想通貨】MONACOIN(モナコイン)とは?国産の仮想通貨モナコインの特徴を分かりやすく解説!

投稿日:2017年11月28日 更新日:

【仮想通貨】MONACOIN(モナコイン)とは?国産の仮想通貨モナコインの特徴を分かりやすく解説!

有名な2chのアスキート「モナー」をモチーフになっている、国産の仮想通貨MONACOIN(モナーコイン、モナコイン)です。通貨単位表記は「MONA」。

公式サイト https://monacoin.org


最近ジワジワと人気が出てきているモナコインの特徴、歴史、価格推移、今後の予測をご紹介いたします。

スポンサード リンク

MONACOIN(モナコイン)の特徴

平均ブロック作成間隔:90秒

発行総数1億512万枚

時価総額

 

マイニング(採掘)方法:ビットコインと同じProof of Works{プルーフ・オブ・ワーク)を採用。コンピューターの能力が高ければマイニング可能

 

投げ銭サービス:tipmona(チップモナ)」という投げ銭サービスもあり、twitterで「@tipmona tip (ユーザー名) (数量)」とツイートするだけで投げ銭をすることが可能。

何かを教えてもらったり、お世話になった人にtwitterで呟くだけでモナコインが送れる。

 

スポンサード リンク

 

 

MONACOIN(モナコイン)の歴史

Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって2014年にLitecoin(ライトコイン)をベースに開発。

 

2014年

1月1日 正式リリース

4月 モナコインで土地の売買が成立。

国会議員の参加する勉強会で日本の仮想通貨として紹介される。

 

2016年

6月 仮想通貨のシェア比率で44位。

 

2017年

4月27日 世界で初めてSewit成功

6月 秋葉腹のパソコンショップアークがビットコインと同時に、実店舗とWeb通販にて決済に対応。

10月 秋葉原とモナコインのコラボ企画で「秋葉原ジャック(広告プロジェクト2017年)」が10月25日~10月31日に秋葉原で行われ、モナコインメダルやモナコインTシャツなどのグッズも販売されました。

 

スポンサード リンク

MONACOIN(モナコイン)の価格推移

2014年リリース当時 1MONA=3円程

2014年8月1日 1MONA=99円

2016年5月7日 1MONA=0.1円

2017年6月 1MONA=55円

2017年10月 1MONA=706.7円

2017年11月28日 1MONA=780円

 

MONACOIN(モナコイン)を購入するには?

MONACOIN(モナコイン)を購入できる取引所は日本ではbitFlyer、Zaif、海外ではBINANCEなどで取り引きできます。

 

おすすめ仮想通貨取引所 

仮想通貨MONACOINを購入するなら!おすすめ仮想通貨取引所のご紹介!

 

 

スポンサード リンク

今後の予測

日本のサブカルチャーは海外でも人気が高く、さらに2020年日本でのオリンピックもあるので、もしかしたらモナコインの注目度や認知度が上がり、今後モナコインの価格も大きく上昇するのではないかと予測しております。

最近のチャートを見ていただくと、少しづつですが、海外からの資金も流れてきてるようなので、いい感じに上がってきていますしね。

価格変動はあるものの、国産の仮想通貨を長期投資としてこの機会にモナコインを持ってみてはいかがですか?

 

関連記事

【仮想通貨】国産仮想通貨BitZeny(ビットゼニー)とは?どこよりも分かりやすく解説!

 

 

【このブログを書いてる人】

JAPAN BIT CONSULTING
代表 神村進介

金融業界での知識やFXの経験を生かし2017年2月から仮想通貨の投資を行っています。

少人数での勉強会や企業での講義なども開催しており、初心者にも分かりやすい説明を心がけ日々仮想通貨の情報を書き綴っております。

最新情報はLINE@で配信中。

ビットコインを使った投資のコンサルや勉強会、企業での講演会などご希望の方はLINE@、またはJAPAN BIT CONSULTINGのホームページのメールからお問い合わせください。

JAPAN BIT CONSULTING
公式
ホームページ

 

 

おすすめ仮想通貨取引所

 

【国内取引所】

bitFlyer
 
 
GMOコイン
 
 
Bit Trade
 

 
【海外取引所】 
 
BINANCE
 
 
BitMEX
 
 
KuCoin
 
 
 
仮想通貨を安心安全に保管
 
 
仮想通貨ハードウェアウォレット



Ledger NanoS
暗号通貨ハードウェアウォレット

Ledger Nano Sは、ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリウム(Ethereum)、 イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)を始め、 数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。

 
 
 
ビットコインのマイニングを始めるなら

 

ビットコインマイニング

 

-Monacoin(モナコイン), 暗号通貨
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] 【仮想通貨】Monacoin(モナコイン)とは?国産の仮想通貨モナコインの特徴を… […]

関連記事

BitclubNetworkの出金方法(画像手順付き)

目次1 BitclubNetworkの出金方法(画像手順付き)2 BTCからBCHに変換をする3 BCHの出金方法 BitclubNetworkの出金方法(画像手順付き) スポンサードリンク &nbs …

【仮想通貨】ADK(Aidos Kuneen)とは?どこよりもわかりやすくADKを解説!

目次1 【仮想通貨】ADKとは?どこよりもわかりやすくADKを解説!1.1 ADKの概要1.2 ADKとは1.3 ADKの特徴1.4 ADKの将来性1.5 ADKを購入するには1.5.1 ADKを購入 …

【仮想通貨】Wowoo/Wowbit(WWB)(ワォー/ワォビット)とは?どこよりも分かりやすく解説!

目次1 【仮想通貨】Wowoo/Wowbit(WWB)(ワォー/ワォビット)とは?どこよりも分かりやすく解説! 2 Wowoo/Wowbit(WWB)(ワォー/ワォビット)の概要2.1 Wowoo/W …

今は買い時?売り時?投資家心理を知ればビットコイン(仮想通貨)の買い時と売り時が見えてくる!

目次1 今は買い時?売り時?投資家心理を知ればビットコイン(仮想通貨)の買い時と売り時が見えてくる!2 価格変動の性質を理解する2.1 ビットコイン(仮想通貨)は今どの位置なのか?3 最後に 今は買い …

G20での仮想通貨市場はとりあえずは一安心?

目次1 G20での仮想通貨市場はとりあえずは一安心?1.1 2018年3月20日
BTC/JPY チャート分析(4時間足) G20での仮想通貨市場はとりあえずは一安心? スポンサーリンク   …